Back 

IDL グラフィックシステム


グラフィックシステム

複雑な数値データの図形視覚化は、データが持つ情報を理解するための重要な要素です。IDLの図形化システムは、IDLの直感的な構文によって、データ理解に必要となる高品質な図形の作成や、公表用の結果を共有することができます。IDLは簡便なため、手軽に、そして簡単に図形化を始めることができます。

IDLのグラフィックシステム

IDL Graphics

複雑な数値データの図形視覚化は、データが持つ情報を理解するための重要な要素です。IDLの図形化システムは、IDLの直感的な構文によって、データ理解に必要となる高品質な図形の作成や、公表用の結果を共有することができます。IDLは簡便なため、手軽に、そして簡単に図形化を始めることができます。

プレゼンテーション品質の図形化を簡単に

基礎となっているIDLの記述性によって、2次元描写やグラフ化から、複雑で相互作用的な3次元データの描画に至るまで、手軽に視覚化をすることが可能となります。IDLの強力な図形化エンジンは、高速レンダリングのために、OpenGLのハードウェアアクセラレーションを活用するよう設計されています。つまり、IDLは大容量のデータセットを効率的に処理し、必要な図形を出力することが可能です。

個別の図形の属性カスタマイズ

IDLの直観的な図形化システムは、社内利用から国際的な公表用に至るまで、利用目的に合わせて出力する図形の形状をカスタマイズすることが可能です。他のプログラミング言語では、変更を加えるために、再度プログラミングを行ったり、結果を出力する必要がありますが、IDLでは線種や記号、注釈、フォント、カラーに至るまで瞬時に修正することが可能です。

あらゆる画像ファイル形式への書き出し

プログラム、または対話形式で、GIFやJPEG、PNGといった標準的な画像フォーマットへの出力や、Power Point、Keynote、HTMLでのプレゼンテーション等に図形を取り込むことが可能です。さらに、刊行物やTeX、ワードドキュメントでの利用のために図形をポストスクリプトやPDFとして出力することも可能です。これらの様々な標準出力機能により、ユーザ間でのレビュー、2次解析、さらには検証といった用途においても情報共有することが可能です。

© 2017 Harris Geospatial Solutions, trading as Exelis Visual Information Solutions