Back 

ENVI

ENVI

ENVI combines advanced spectral image processing and proven geospatial analysis technology with a modern, user-friendly interface. Whether you use panchromatic, LiDAR, SAR, multispectral or hyperspectral imagery, ENVI has the latest processing and analysis tools to help you extract meaningful information to make better decisions.

ENVI(Environmental for Visualizing Images)は、衛星・航空機などの光学センサー、ハイパー・マルチスペクトルセンサー、合成開口レーダー、航空レーザーといった様々なデータを、ユーザフレンドリーな操作性を誇るGUIを通じて解析・可視化を行えるリモートセンシング用統合処理パッケージです。豊富な処理機能・アルゴリズムを標準搭載しており、基本パッケージで殆ど全ての画像解析処理を行っていただけます。そして、IDLというプログラミング言語を使用することで、拡張機能や自身のアルゴリズムを作成、ENVIへ搭載することができる、非常に柔軟なアプリケーションです。また、ENVIはESRI社製GISソフトウェア「ArcGIS」との密接な連携を実現しています。地理空間情報の利用が日々高まっている昨今、様々な分野におけるイメージアナリスト、科学者、GISユーザが地理空間画像から情報を抽出するためにENVIの充実した機能を使用しています。

解析機能

Interoperability

ENVIは、既存のツールは、GISを更新し、協力して、他のユーザーと結果を共有することが容易と統合.

機能拡張

Capabilities

IDLの豊富なライブラリを利用することで、特殊なファイルフォーマットの読み込み処理や、独自のアルゴリズムの組み込み、他言語とのリンクといった様々な機能拡張が可能となります。

概要

Extensibility

拡張し、画像解析の要件と特定のプロジェクトのニーズに合わせて、ENVIの特徴と機能をカスタマイズ.

オプションモジュール

Modules

オプションモジュールを追加することで、ENVIの機能を拡張することが可能です。

ワークフロー

Workflows

ENVIに搭載されたワークフローを利用することで、誰でも簡単に専門的な解析結果を得ることができます。

Interoperability

Interoperability

ENVI integrates with your existing tools making it easy to update your GIS and collaborate and share results with others.

© 2017 Harris Geospatial Solutions, trading as Exelis Visual Information Solutions